中古の魅力と売却方法|家が競売になる前に対処する|流れを知って損しないようにしよう
住宅模型

家が競売になる前に対処する|流れを知って損しないようにしよう

中古の魅力と売却方法

集合住宅

安全な住まい

中古物件の中でも中古マンションは安くて購入しやすい不動産です。昔はマイホームというと新築一戸建て住宅がステイタスでしたが、今は新築にこだわない人が大半を占めます。また、一戸建て住宅よりもマンションのほうがセキュリティが強く、防犯面で優れています。耐震や免震システムがしっかりしているのも強みです。安全性の面からも、マイホームにマンションを選ぶ人が増えているようです。大津市にもマイホームにぴったりな中古マンションが点在しています。大津市で暮らしたい人にとって、格安な中古マンションは魅力的な物件です。大津市は琵琶湖を望む風光明媚な地域なので、自然に囲まれてのんびり暮らせます。そうしたところも、大津市が人気のある理由のひとつです。

仲介と買取の特徴

中古マンションの売却法には、仲介して売却するケースと、買取してもらうケースの二つがあります。どちらにもメリット・デメリットがあり、何を優先するかによって、自分に合っている売却法が違います。時間がかかってもいいから高く売りたいなら、仲介が最適です。不動産業者に仲介を依頼し、売却する相手を探してもらう方法です。広告を出して販売活動をしてくれるので、担当者の頑張り次第で高く売却できます。安くても今すぐに売却したいというなら、買取がお勧めです。仲介をしないで、不動産業者に買取してもらう方法です。仲介よりも30%近く安くなりますが、即座に現金化できます。また、仲介手数料などの経費がかからない、他人に知られず売却できるなどのメリットもあります。