高くする方法|家が競売になる前に対処する|流れを知って損しないようにしよう
住宅模型

家が競売になる前に対処する|流れを知って損しないようにしよう

高くする方法

集合住宅

仲介料が高い

今の時代、新築マンションの値段が下がっているため、中古マンションの売れ行きが落ちている。どんなに条件の良いマンションでも、中古とつくと売れないのが現実だ。そのためマンションを売るときは、購入したときの価格を考えてはならないと言われている。1番手っ取り早く売却する方法は安く売ることだ。しかし、これから新居に住むことを考えると少しでも高く売れたほうが良いと考えるのが普通である。高く売りたい人は、時間がかかることを覚悟しておくべきだ。そしてもうひとつ、マンションを売却するときに気を付けたいのが、売る側もお金がかかることだ。細々したものは大した金額ではないが、仲介料はかなり高い。2000万円でマンションが売れたとしたら、約70万円の費用を支払わなくてはならない。

メリットを伝える

「マンション」を売るときは、良い点をきちんと伝えることが重要である。不動産のスタッフよりも、実際に住んでいた人のほうが良い点が分かっているので、メリットがあったらしっかりと言うべきだ。中古でも高く売れる家は環境も大きいが、だいたいきれいな物件である。また、1度リフォームされている物件も高額査定がつくことが多い。部屋はきれいだけどクローゼットの中がカビていたという理由で買い手がつかないこともあるので、お部屋やキッチンだけでなく、クローゼットの中も掃除しておくと良い。床や壁にキズがあるとき、隠さずに伝えておくことも大事である。後々になってトラブルに発展することもあるので、正直に申し出ておくべきだ。